空輸サービス

ペット・動物

動物園や水族館の動物・生物輸送をはじめ、ペット輸送においても、輸送中の環境設定も負担を最小限にし、やさしい輸送をご提供いたします。

動物園・水族館

ラッコ

動物園や水族館間の動物輸送は、専門スタッフが事前に輸送スケジュールや輸送方法について獣医および飼育員各位との打ち合わせを行い、輸送用具の設定輸送中の環境維持等、万全を尽くして輸送いたします。

ペット

引越や旅行等でペットを輸送する場合も、動物に合せた輸送方法をご案内いたします。

ご注意事項

  • 輸送ケージは衛生上の観点から、貸出サービスはしておりません。
  • 空輸の場合は貨物室への搭載となります。(旅客室と環境は変わりません)
  • 輸送中における死亡については免責となります。
生後間2カ月(大型犬)から3カ月(小型犬)以内の犬は輸送できません。
ワクチン接種を受けていない犬はお預かりできません。
フレンチブルドッグ及びブルドッグは空輸できません。
生後2カ月以内の猫は輸送できません。
ワクチン接種は受けたほうがよいでしょう。
猛禽類を輸送する場合は飼育許可証が必要となります。
熱帯魚
水が漏れないよう丈夫なビニール袋を使用してください。
エアポンプ等により袋内には酸素を十分に供給してください。
急激な温度変化に対応するため保温ケースの利用をお勧めします。