空輸サービス

危険物

当社が取扱う危険物については、航空危険物規則書( IATA Dangerous Goods Regulations)および航空危険物輸送法令集また、航空法(国内規制 航空規制)の法令を遵守し、安全輸送を実施いたします。

危険物の種類

危険物には、あまりにも危険品であるため航空輸送できないもの、また、貨物に限り輸送ができるのも、さらに貨物および旅客もに、受託可能なものがあります。航空輸送が許可されている危険物にはいくつかの制限が課されており、その危険物内容により国連番号・危険性の分類・副次危険性・ラベル表示・等級・許容容量・許容質量・容器および包装基準また特別規定が設定されております。これらの輸送条件を満たすことにより安全に航空輸送が可能となります。

航空輸送が禁止されている危険物

航空機輸送が禁止されている危険物とは、通常の輸送条件下で、爆発を起こしやすい、危険な状態に反応する、火炎を生成する、または危険な熱を発生する、あるいは毒性、腐食性、引火性ガスあるいは蒸気を放出してしまうような物品または物質は、いかなる状況下においても航空機により輸送してはならない。

荷送人の責任

危険物を収納した包装物またはオーバーパックを航空輸送に供にする前に、荷送人は以下の特定責任を果たさなければならない。

  • 荷送人は、航空機による危険物の輸送に関して、荷送人の従業員がその責任を全うすることができるような情報を提供しなければならない。
  • 荷送人は、物品または物質が航空輸送禁止になっていないことを確認しなければならない。
  • 物品または物質は、[IATA Dangerous Goods Regulations / 航空危険物輸送法令]本規則に従って輸送の条件にて正しく識別・分類・包装・マーキングされ、ラベルが貼付され、そして書類作成されなければならない。
  • 貨物の出荷準備に携わるすべての関係者は、危険物貨物が輸送に供される前に、その責任を果たすことができるように教育訓練を受けていなければならない。もし荷送人に教育訓練を受けたスタッフがいない場合は、’出荷準備に携わる者’を貨物の出荷準備を荷送人の代理で責任を持って引き受けるように雇用された人と解釈することができる。しかしながら、これらの者は、教育訓練を受けた者でなければならない。
  • 危険物は、すべての適用される航空輸送の要件に従って包装されなければならない。その要件には以下のものを含む。
    • 内装容器および包装物当りの最大数量制限値
    • 以下の内容を含み、包装基準に示されている他の適用すべき要件
      • 単一容器が使用禁止されている場合がある
      • 包装基準に表記されている内装容器および外装容器のみが使用許可される
      • 内装容器を中間容器に収納しなければならない場合がある
      • ある危険物については、より高い性能基準に合致する容器に収納して輸送しなければならない
    • 内装容器および外装容器についての該当する密閉手順
    • 適用される包装基準および一般包装要件の中で規定された適合性要件
    • 包装基準における、適用される場合の吸収材の要件
    • 内圧基準の圧力差要件